2005年12月29日

帰国子女がキライになる(ひがみ?)

これもとっても、「ヤな自分」のお話。


帰国子女が、キライだった。
生意気だし。えらそうだし。って感じがして。


今から考えたら、こっちが勝手に偏見持って接しているから相手だって
こっちを嫌うの当たり前なんだけど。


でも英語の授業で、そんな風な態度に違いなんてひとつも教えてくれないし。


帰国子女を見ていて、ますます英語が嫌いになってたヤなアタシが、
その頃いた。





ランキングも入ってみました。
ストレス解消です。


英語が好きな人いっぱいいるんだね。
この記事へのコメント
こんばんは!
先日はトラックバックをありがとうございました!

帰国子女に対する感情、わかる気がします。。
なんだか羨ましいとか、いろいろ複雑なんですよねえ。。
Posted by ユウ at 2006年01月06日 04:05
ユウさん、ありがとうございます!

そうなんですよね・・・ちょっとうらやましいとか、
あの堂々としてて許されるところがズルい、みたいな
ことを考えてたように思います。

でも違いを尊重してつきあえるほうが楽しいですよねー。
またよろしくお願いします!
Posted by 深雪 at 2006年01月14日 13:00
こんにちは!
帰国子女の対する気持ち、子供のころ、ボクもまったく同じでしたよ。いわく「気取るんじゃねー!」今では数も増えて珍しくなくなりましたが、当時はそれほどいなかったのでね〜。どうして英語をしゃべれないことを「劣等感」として感じる文化がニホンにハビコルようになったのか大変不思議に思っています。
Posted by 純じゃぱ at 2006年01月15日 13:28
純じゃぱさん、

こんにちは!
(レス見落としてて遅くなってゴメンナサイ・・)

そうなんですよねー。

そういうときに、良い感じに同じ風に扱って
価値観を教えてくれる人がいないことも問題かも。
ガッコの先生とかがそもそも劣等感持ってる気が
してました(^^;
Posted by 深雪 at 2006年01月23日 08:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。